くらし

長寿93才母が今も続けている趣味5選

いい夫婦の長寿くらし

義母は今年93才で、元気です。

30年以上続けている趣味があり、沢山の作品があります。

私はこれらが、「元気の秘訣」だと思っています。

スポンサーリンク

家庭菜園

義母の実家は、農家でした。
土いじりをするのが、「好き」と言っています。

義父が存命中は、近くに畑を借りて一緒に作っていましたが、
今は、庭を上手に利用し、花を植えたり、野菜を作っています。

  • トマト
  • キュウリ
  • ナス
  • ピーマン
  • ラディッシュ
  • ネギ
  • シソ
  • イチゴ
  • ジャガイモ
  • ニンジン

季節の野菜が、食卓に彩を添えてくれます。

家族が「美味しいね」と食べてくれるのが、嬉しいと言います。

今年は、渋柿も実りました。
干し柿を作成中です。

自分で作っているので、残すのはもったいないと、
なんでも好き嫌いなく、バランスの良い食事をしています。

スポンサーリンク

カラオケ

歌を歌うのも好きです。
毎週日曜日のNHKのど自慢を楽しみに見ています。
抽選に当たり、公開録画を見に行った事もあります。
運がいいです。

カラオケは、地域のサークルに週1回参加しています。
年1回、カラオケ大会があり、おしゃれをして歌っています。

昔ながらのカセットテープを聞いていましたが、

今は、テレビでYouTubeが見ています。

検索には、「北島三郎さん」の名前がありました。

おしゃべりも好きなのですが、
歌う事で、呼吸や発声のトレーニングもできていると思います。

短歌

1日1日の生活を大切にして、
その時々の気持ちをそのまま表現してます。

日記に綴ったり
「一句できた」と、話してくれる時もあります。

散歩も日課なので、歩きながら季節を感じ、
一句浮かぶ時もあるようですが、比喩が難しいと言っています。
気に入った一句ができると、短冊に書いています。

毎日、新聞を読んで、情報収集をしています。

指で、一文字一文字追いながら、
時々、声を出して音読をしています。

毎日、違う文章を音読をする事で
脳が活性化されているのだと思います。

以前は、
地域のサークルに月2回、公民館の同好会に月1回参加していました。今は高齢だからと、サークルはやめてしまいました。
(サークルや同好会だと、運営するための係が順番に回ってくるそうで、それが負担になってきたようです。)

絵手紙・ちぎり絵

絵を描くのも好きです。

題材は、野菜や果物などの食べ物が多いです。
美味しそうに描くのがコツだそうです。

絵手紙は、色鉛筆や水彩絵の具を使っています。

こちらも、以前は地域のサークルに入っていましたが、
教えてくださる先生がお引越ししてしまったので、
今は、サークルには入らず、家で自分で描いています。

ちぎり絵は、紙をちぎるので、
指先の運動になっていると思います。

 

大正琴

大正琴は
左手で数字のボタンを押しながら、
右手で弦をはじいて弾いていきます。
楽譜には、数字が並んでいる数字譜です。

お正月にひいてくれると、とってもいい雰囲気です。

・お正月
・富士山
・さくらさくら

大正琴も以前は、地域のサークルに入っていて、
琴はその時に購入しました。

楽譜を見て、両手を使って演奏するので、
集中しないと、間違えてしまうそうです。

ですので、今は、とってもゆっくり演奏しています。

自分ができるペースだからこそ、
長く続けていられるのだと思います。

まとめ

【家庭菜園】
自分で作って、バランスの良い食事をしています。

【カラオケ】
呼吸や発声のトレーニングもできていると思います。

【短歌】
その時々の感情をそのまま表現してます。

【絵手紙・ちぎり絵】
指先の運動になっていると思います。

【大正琴】
自分ができるペースで、長く続けていられるのだと思います。

常に新しいことに興味を持って、わからなかったり、忘れてしまったら、誰かに聞いて、繰り返しながら、思い出すという事の繰り返しです。
でもそれが脳の活性化につながっていると思います。

良く食べ、良く笑い、良く寝ることが、生活を楽しくしているんだと感じます。

スポンサーリンク
ハツヨム
タイトルとURLをコピーしました